韓国生活

韓国人と結婚して韓国在住中。 ストレスもありますが、マイペースに楽しんで生活してます☆

2009年チュソク その2

モモはずっとぐずぐずでハンスは超体調不良でダウンしてるしで、
なかなか大変だったけどおかげで労働は少なく、
まぁ無事にチュソクも終了。

で、イライラの原因は、、、ずばりお金。。

シプモ(義両親)にお金をあげるのは私はそこまで抵抗がないって言うか、
稼いでいるのはハンスだし、私たち家族の生活が苦しくない限りは
こういう行事のたびにお小遣いあげたりするのも
韓国では普通だし、そういうものなんだって割り切っている。
でも、今回は納得いかないって言うか、、、
なんか今までのように考えられなくなってしまったような。。。

まず、チュソクのジョン(卵つけて油で焼く料理)。
前は伝統に沿ってというか、きちんと5種類くらい作っていたんだけど、
去年くらいからかな、もう家族が好きなものだけを作ろうって感じになって、
えび、ホタテ、黄色のムック(名前忘れた。。)の3種類を作る。
今までも結構量焼いてたんだけど、今回は1.5倍くらい準備されてて、
ジョンを焼いてたトンソ(夫の弟嫁)がかなりしんどかったらしく文句言ってたっけ。

で、シオモニが増やした理由が、

「お客さん(ハンスのお姉さん家族)が来て出すものがないのは失礼だから。この前はちょっとしか出せなくてあまるくらいに準備しないといけない。息子がお金をよく稼ぐからできるんだ。昔、お金がなかったころにはしたくてもできなかった。」

だそう。

ハンスが前もってお金を渡していたわけじゃないんだけど、
つまり完全にハンスが後からお金を払うのを見越して準備してるんだよねぇ。

何かにつけて、

「息子がよく稼ぐから。」

って言うんだけど、ホント息子の金をあてにばっかりされるのも気分悪い。

ジョンのほかにも、子供たちが好きなお菓子とか、
ユリの好きなお菓子や食べ物も買ってくれてたけど、
そのお金も後からハンスにもらうつもりで買ってるんだと思うと
ありがたいと素直に思えず。

お金は私が知らないところでハンスが
オモニとアボジに渡していたらしいんだけど、
後からいくらあげたのか聞いてまたまたビックリー。
チュソクの準備代としてもちろんオモニに十分にあげていると思ったけど、
ハンスはオモニがその金額では少ない、って感じたようだった、
って言っててはぁ、みたいな。
ちなみにうちからと弟家族とかからもらった金額、
100万ウォン超えてると思われるんだけどね。

そして一番許せなかったのが牛肉><
後からお金払うから、ってハンスがシオモニに
うち用の牛肉を買って欲しいと頼んであったんだけど、
そのとき山ほど買った、みたいなことはシオモニが電話で言っていた。

で、帰るときに牛肉が入ってる、ってずっしりした袋を渡されたんだけど、
もうそのとき出発する準備でバタバタしてて中身確認してなかったんだよね。
後から中身確認したら、冷凍の魚(うちにもたくさん冷凍されてるやつ・・・)と、
牛肉は500gくらいのが2パック入ってただけだった。。。

でも、チュソクのときにオモニが作ったプルコギは
キムチ用の大きい容器いっぱいに入ってて、
チュソクで使ったのを除いてもまだ8割くらい残っていたし、
ソコギクク(牛肉スープ)に使う牛肉も超たくさんあったんだけど、
それはすべて自分たち用ってこと???
お金はハンスに全部出させといて???
私がもらった肉の5倍以上ありそうなんだけど。

ハンスに文句言うと、

「ホントはプルコギ用の肉もあったけど、使わないからオモニに使って、って言って置いてきたよ。だってお前、プルコギ作れないでしょ?冷凍庫に入れて結局捨てることになったらもったいないし。」

と訳の分からないことをいい、またまたイライラさせてくれるし。
ていうか、プルコギも何度か作ったことあるし、
プルコギじゃない料理にも牛肉は使えるじゃん。。

ていうか、料理するのは私なのに
なんで私がいないところでそういうやり取りをするかな。
他にも私が欲しいと思っていたものをハンスがいらない、って言ったり、
いらないものをたくさん渡されたりして。。。
おかげでハンスともその日は雰囲気悪かった。。。

あ、ちなみにうちに帰る前にお姉さんの家に寄ったんだけど、
そのときにハンスが牛肉分けてあげるよ、
みたいな事をお姉さんに言っていたため、
(ハンスは2パックしかないってこと知らなかった。。。)
結局1パックあげて、うちに帰ってきたときには1パックしか残っておらず。。。
何のためにハンスが肉のお金を払ったのか、、、、
なんかホントイライラ感が消えません。。

数日たってちょっとクールダウンしてきたけど、
まだまだ腹が収まらないよーーー。。。
食べ物の恨みって後を引くよね。。。(私だけ??)

そいえば、オモニからそれは素敵な素敵なスリッパを
ユリにプレゼントしてもらったけど、お姉さんの家においてきちゃったんだよねぇ。。
また取りに行ってから後日写真アップします。
楽しみにしていた人、ごめんなさい~(って誰も楽しみにしてないか。。)

↓下記の2つのランキング参加してます。
1日1回クリックしていただけると励みになります☆
→人気ブログランキング  →にほんブログ村 国際結婚
【 2009/10/06 】 日々のこと | TB(0) | CM(10)
それはそれは><
お疲れ様です~。。なんだか話が違ってるし、お金をあてにされた結果がこの量か・・っていうのも複雑ですね。。
いつのまにかだんなさんが話すすめちゃうっていうのもわかります!こっちはそんなつもりないんだけど、とか、それ言ったら角が立つでしょ、ってこともありますよね。
今回はうちのシデクはうちの夫含め息子2人帰らず、お姉さんは子供の突然の病気で帰れず、両親ふたりぽっちで、とっても寂しかったみたいで、申し訳なかったです。satomiさんのシブモニムは幸せだと思います~!
【 2009/10/07 】 編集
本当にお疲れ様でした。
読んでいるだけで疲れちゃいました。
ハンスさん長男でしたっけ?本当に大変ですね。
ハンスさんが変わらない限り無理だと思いますが
もう少し、お金を出すのを控えてもいいですよね。
稼ぎがいいからって当てにされても、子どもも増えた事だしもう少し考えて欲しいですね(><)

多分世代が違うからかと思いますが、40代と30代と考え方の差があると思います。
うちは次男で稼ぎが良くない為、逆にシオモニたちからお小遣いをたまーにですがもらっていますよ。

ハンスさんも少し考えて、「ちょっと今景気が悪くてこれだけしか出せないんだ」とか言ってくれたらいいいですよね。
長男はお金ばかり出して損している感じでとってもお気の毒です。
ソウルと釜山とじゃ物価が違うから高いのかも知れませんが100万ウォンって本当に勿体無いです。
【 2009/10/07 】 編集
はじめまして。
テレビで見てから、ちょこちょこ拝見させて頂いてました。
私もアメリカ留学中に出逢った彼と付き合って2年半になります。
今は遠距離ですが、やっと結婚の話をはじめたところです。

これは、、大変ですね。
それでキレないsatomiさんがすごいです。

さすがに見ている私も腸が・・・。

やっぱりこれが普通なんですかねー?
恐るべし、韓国の母。

ストレス溜めないように乗り越えてください~!
ファイティン!
【 2009/10/08 】 編集
satomiさん、はじめまして!
私もegiさんと同じく、テレビで見て以来ブログを拝見させて頂いておりました。
初コメントです。よろしくお願いします!

私はsatomiさんと同じく国際結婚しており、
もうすぐ4歳になる男の子のママでもあります。
主人はブラジル人で、私と主人は日本在住、
子供だけブラジルの祖父母の元で暮らしていて、
現在夫婦2人での生活をしています。

異国での生活、大変ですよね。。。
私は今まで日本を離れたことがありませんが、
もし今後、相手の国で暮らすことになったら?
と思うと、色々考えてしまいます。
(何だかそういう方向になりそうなので・・)
satomiさんは本当に頑張っていらっしゃいますね。

それにしても、子供からおこずかいをもらうっていうのは、
satomiさんのお姑さんに限らず、
韓国では当たり前のことなのですか??
誕生日の時も、当日にお祝いするよりも、お金を渡す方が喜ばれる、というお話にもびっくりしていましたが、、

そしてさんざんお金を払った挙句、少量の肉なんて。。。
本当にお疲れ様でした。
お姑さんに負けないでくださいね!
【 2009/10/09 】 編集
120%共感
こんばんは。
分かりますー!お金の問題。食材の問題。
本当にヤレヤレですよね。
安いからと沢山買って、皆に配り、こちらはお礼にお金を上げる…意味ないじゃんっていうか、効率悪いって言うか、恩着せられてるだけって思います。
名節の食事の準備自体が無駄ですよね~。そう美味しくないものを毎回毎回よくもまあ、あんなに沢山作るかと…。
主人と義母間の勝手な取引も良くありますよね…
本当にお気持ち、よく分かります。
【 2009/10/09 】 編集
見させていただきました。
応援ポチッ!!
【 2009/10/11 】 編集
初めまして。
TVのドキュメンタリーでsatomiさんを見て以来、コメントは初めてですが、ずっとおじゃましているゆっこです!
毎回事件?いや、イベントがあるたびにその場に居合わせているsatomiさんにご苦労様でした!とお茶の一杯も差し上げたいくらい、びっくりしたり驚いたり(同じですね)
satomiさんほんと偉いよ!
こちらにおじゃましているおかげで、だいぶ韓国事情には詳しくなったかと思ってますが、シプモの言動には慣れないし、慣れたくもないですね~!
satomiさんは今のまま、マイペースでいてほしいな。
自分の考えとかが韓国に染まって欲しくないですね。

なんて、ひどいことを書きましたが、韓国のドラマや音楽大好きです!
【 2009/10/12 】 編集
いつも楽しく読ませていただいています。
私は既婚者ではありませんが、韓国で働き生活し始めて約3年になるので、いろいろ共感しながら読ませていただいています。

韓国の方々の金銭感覚、(変なトコロでものすごくケチだったり)韓国人の両親が子供からお金を受け取ったり、(受け取るというより「ふんだくる」、というか)日本人の私達から考えると、理解できないことがたくさんありますよね。

ブログに共感しながら、私もストレス発散させていただいています。

これからも韓国生活、楽しみにしています♪
【 2009/10/12 】 編集
チュソク何も起こらないように願っていましたがやっぱり日本からでは願いが届かなかったみたいですねぇ。。。

牛肉が1パックだけでお肉代はハンスサンが払ったって…そんだけのお金があれば別に頼まなくてもメッチャいいお肉普通に買えますよねぇ(笑)食べ物の恨みは恐ろしいですよね!!


ユリチャンへの素敵なプレゼントどんなのかメッチャ楽しみデス♪楽しみに待ってまぁ~す(笑)
【 2009/10/13 】 編集
両親への贈り物の額について
こんにちは、
古いポストについて突然の書き込み大変失礼します。
インターネットで検索してこちらにたどり着きました。

韓国人の彼女を持つ日本人です。
釜山に住む彼女に会いに行くため、このたび初めてチュソクを体験します。

彼女のご両親とは、一度、別件で来日された際に時間を割いて頂き食事を共にする形で会い、挨拶も済ませ公認状態にあります。

そこで、韓国人の感覚について教えて下さい。

今回、何気なく、私なりに素直な気持ちでチュソクについて私からご両親にお中元のような感じで贈り物を渡したい旨を彼女に告げました。
もともと、期待はしていなかったようですが、喜んでその提案を受けてくれたものの金額感については、少し乖離がありました。

私の感覚では、高い金額のものは、かえって失礼に当たり5~6千円までが相場。高くても1万円までと思っていたのですが、彼女の反応は「そんなに安いの?」という感じでした。

以前、彼女のご両親が来日された際も帰り際に10万円ほど包んで渡したり、彼女が帰国する際は「ご両親とヒョンブ家族の計5人で迎えに来るから、その夜においしいもの食べて」という名目で2万円くらい渡しました(2万じゃ少ないという雰囲気でしたが、、)。

彼女が知る友人夫妻(同じく夫日本人/妻韓国人)の場合は、結婚前から何も言わなくても日本人夫はそれ以上のことをしており、これくらいは日本人でも常識で、私の方が常識が無いような事を言われるのですが、日本人の感覚はもとより、韓国ではこういったものなのでしょうか?

正直、私の感覚では、露骨に金額が分かる商品券自体、若干抵抗がありますし、もったいない訳では無くて高価な贈り物は、浅ましいというか、あざとい感じがして抵抗があるのですが、韓国ではそういった感覚は無いのでしょうか?

少しオーバーにするのは、彼女のご両親には、まだ説明できていませんが、私が離婚歴有り前妻との間に子どももあることから、その事を両親に告白して結婚を切り出す頃までに強固な信頼を得ておきたいというような特別な事情もあります。今のところは、私の勤め先が世界的に知られた企業で有り、収入もそれなりにあるため、とても良い印象は得ておりますが。。(ご両親に会った際は、根掘り葉掘り聞かれましたが、、)

お正月、チュソク、その他帰国時。。
他にも贈り物が必要なことはありますでしょうか?
また、程度はどれくらいの感じでしょうか?

お手すきの時でも教えて下さい、、

よろしくお願いいたします。
【 2012/09/24 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ランキング

2つのランキングに参加してます。
1日1回ポチッと応援お願いします♪

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

プロフィール

Satomi

Author:Satomi
留学先のカナダで出会った韓国人のハンスと1年半の遠距離恋愛を経て結婚。韓国生活も8年目。まだまだ韓国文化・韓国人思考に悪戦苦闘してます。

濃厚な韓国の家族関係の中、9歳年上のスパルタな旦那と時々ケンカしながらも仲良く生活しています。2006年11月に長女ユリ、2009年4月に次女モモ、2012年8月に長男シンを出産。現在子育てに奮闘中です☆

コメント、メールのお返事がなかなかできなくてすみません。広告等のコメントが多いのでコメントは承認制にさせてもらってます。荒れそうなコメントはすみませんが承認しない場合もあります。

お友達リンク

ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: