韓国生活

韓国人と結婚して韓国在住中。 ストレスもありますが、マイペースに楽しんで生活してます☆

誤解からのケンカ その1

タイトルどおり、、
昨日の朝ハンスとちょっとした誤解から、
久しぶりに雰囲気悪くなって、そのまま冷戦状態に突入。
今日の朝、話し合って仲直りしたけど、、
今回のケンカは精神的にホント疲れちゃった。。

ブログをよく見てくれている人や、私の愚痴を聞いてくれる友達は知っていると思うんだけど、
ハンスの性格ってちょっと変わってて、

・外でのストレスや悩みを家庭に一切持ち込まず、嫌なことがあっても私の前では明るく振舞う。

・その代わり、ハンスが悪いわけでもないのに私がハンスの前で機嫌悪くなったり、イライラしたりするのは絶対に許せず、ちょっとでもそういう素振りを見せると激怒する。


という、厄介な性格の持ち主。


で、日曜の朝。
食料の買出しにハンスと一緒に朝からマートへ行った。
近くのドーナツ屋で朝ごはんを食べて、マックでポテトを買って食べながらマートへ向かった。
雰囲気よく楽しくショッピングしていたのに、急にハンスの機嫌が悪くなって、
すっごい不機嫌のままショッピングして家に帰った。。
私は全く原因が思い当たらず、、困惑状態。。
いきなり機嫌の悪くなったハンスに私もムカつき、
一切口を利かないまま、ハンスは昼前に仕事に出かけて行った。

私はハンスが怒っている原因が分からないからその後もずっとモヤモヤしていた。
ハンスって私の前で機嫌悪くなったりしない人なのに、、私、何かしたのかなぁ??と。。

ショッピングしている時に私がモタモタしていたから??

私がハンスと一緒に歩かずに一人でショッピングしていたから??

ハンスにずっとカート押しをさせていたから??


などなど、いろいろ考えてみるけど、
いくら考えてもそんなにまでハンスを怒らせるような行動はとっていない。

そいえば、ショッピング中にハンスに電話がかかってきてたけど、、
もしかしたら、すごく良くない問題でも起きたのかな。。
私の前では絶対に不機嫌な顔見せないハンスが、そんなにイラついているんだから、、
ただ事じゃない事が起こったのかも。。と不安になったり。。

そんなモヤモヤが夜まで続き、12時過ぎてもハンスは帰ってこない。
12時半ごろ電話をしたけど、でないし。。
結局、

「電話に出ないので先に寝ます。今日はなんで怒っていたのですか?そんなに私が何か間違ったことしましたか?理由が分からず、今日は一日中気分が悪かったです。それじゃ、おやすみなさい。」

というメールを入れ、ベッドに入ったんだけど、、
やっぱり良くないことが起こったのかも。。
電話に出れない状態なのかも。。といろいろ心配になってきて寝付けず。

でも、そしたら10分ほどしてハンスが帰ってきた。
電話にも絶対気づいていたはずなのに、無視られていたんだ・・・。
そんなこと、今までなかったのに、、なんで??
いろいろな考えがグルグル回ってお腹痛くなってきたし。。
寝てる振りをしてたらハンスは何も言わずに横で寝だした。

とにかく機嫌が悪い理由が分からず、いろいろ考えちゃってなかなか寝れなかったよ。。
これって絶対胎教にも悪いよねぇ。。赤ちゃんごめんね。。

ranking
↑長くなりそうなので2つに分けます☆・・・ポチッと押してねっ。
【 2006/10/02 】 日々のこと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ランキング

2つのランキングに参加してます。
1日1回ポチッと応援お願いします♪

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

プロフィール

Satomi

Author:Satomi
留学先のカナダで出会った韓国人のハンスと1年半の遠距離恋愛を経て結婚。韓国生活も8年目。まだまだ韓国文化・韓国人思考に悪戦苦闘してます。

濃厚な韓国の家族関係の中、9歳年上のスパルタな旦那と時々ケンカしながらも仲良く生活しています。2006年11月に長女ユリ、2009年4月に次女モモ、2012年8月に長男シンを出産。現在子育てに奮闘中です☆

コメント、メールのお返事がなかなかできなくてすみません。広告等のコメントが多いのでコメントは承認制にさせてもらってます。荒れそうなコメントはすみませんが承認しない場合もあります。

お友達リンク

ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: