韓国生活

韓国人と結婚して韓国在住中。 ストレスもありますが、マイペースに楽しんで生活してます☆

事件勃発。

回想日記になりますが、、

昨日は近くのGSマート、今日は朝からトコスコに行って
バンチャンやバーベキューの材料を揃えてきた。
明日の朝は10時ごろ出発ということで、今日の夜と、明日の朝、
バンチャンを作ればいいね~とお昼ごろは二人でのんびりしていた。

が。

事件は本当に急にやってくる。。


昼過ぎにトンソ(ハンスの弟嫁)から私の携帯に電話がかかってきて、
緊急の時しかかかってこないからどうしたのかなぁと出てみると、
かなり不機嫌&怒った声で、


「Satomiから電話かかってこないから電話したんだけど。明日の準備について、どうして電話くれないの?家にかけるから、家の電話番号教えて。」

私が電話をかけなかったことに怒ってるみたいなんだけど、
電話向こうから別にかけてくれてもいいじゃん、と私もちょっとイラつく。


「家の番号ですよね?○○○-△△△-□□□□です。」


「そうじゃなくて、家の電話番号。」


「だから、○○○-△△△-□□□□です。」
 

「そうじゃないってば。それ、携帯番号でしょ?家の電話番号だってば。」


「だから、○、○、○-△、△、△-□、□、□、□って言ってるじゃないですか。」0

「そうじゃなくて~~~!!」


と、私は家の番号をゆっくり話しているのに、何を勘違いしたのか、
全然聞き取れないらしくイライラされ、こっちもかなりイライラ。
ハンスに言ってもらおうと思い、ハンスに電話を渡す。

ハンスはハンスで、誰からかかってきたのかは知らなくて、
私たちのやり取りを聞いて、私が何度も番号を言っているのに
向こうが何回も聞きなおしているのを聞いて、
私が知らない人にからかわれているのかと思い、ちょっと怒り気味だったらしい。
しかも、その相手がトンソだと分かり、しかも向こうの態度も悪く、怒りのボルテージアップ。

そしたら、トンソはトンソで、どうしてアボジの誕生日の準備のために電話をくれないのか、
私にだって嫁としての立場がある、普通ヒョンニムが連絡するのが当たり前だ、
どうして私をのけ者にするのか、とハンスに文句を言った。

今回の誕生日イベントは本当に大きなイベントらしく、
ホントは長男の嫁である私が全部準備するものらしいんだけど、
私はどうやってイベントを過ごすのかも、どれだけ大事なイベントなのかも知らないし、
結局ハンスが全部準備したり、家族に連絡を取っていた。
ハンスの弟にも電話したけど、弟には

「仕事が忙しくて行けるかどうか分からない。嫁も仕事で忙しいし、準備はあんまり手伝えないかも。お金を半分出すから、どれだけかかったのか言って。」

みたいなことを言われたらしく、弟には手伝いを頼まなかったらしい。
トンソは自分の旦那さんから何も聞いていなくて、
自分はいろいろ準備するつもりでいたのに連絡が来ないから怒っていた。

ハンスは弟や弟嫁の立場を考えながらいろいろフォローしていたので、
その発言でぶち切れ。
私にキレるような感じで電話で30分くらいトンソに怒鳴っていた。
トンソもハンスに怒鳴られるのは初めてだったみたいで、ビックリしちゃったみたい。
謝っていたみたいだけど、それでも怒りが収まらないハンスは
途中で電話を切って、今度は私にブチ切れ。。


「お前も電話番号くらいきちんと韓国語で何で伝えられないんだ!」

「子供っぽい受け答えはするな!」

「お前が電話を最初にしておけば済んだことなのに!」


と罵声を浴びせられ、
また近くにあるものをあちこちに投げたり壊したりして、怒鳴っていた。。

私の言動で切れることはあったけど、他の人の言動で切れて、
とばっちりを受けるのは初めて。。

私は寝室に閉じこもったんだけど、悲しくてむかついて泣けてきた。

と、またトンソから電話がかかってきて、リビングでまたハンスは怒鳴っていた。

「Satomiが韓国の文化を知らないのは当たり前だろう。お前だって日本に行ったら何も分からないだろう。今回だってどんなに重要なイベントなのか分かってないし、準備だってほとんど俺がやったんだ。」

「いつもはヒョンニム扱いしていないくせに、こういうときだけヒョンニムから連絡するべきだなんて思うな。だったらそっちから連絡すればよかっただろう。」

「ホントはSatomiがお前に電話をするのを期待してたけど、でもSatomiはしなかったんだ。」

「なんで俺が全部しなきゃいけないんだ。弟に電話して、今度はお前にまで電話しなきゃいけなかったのか?」

「そりゃSatomiは何もできなくてヒョンニムとしてみることができないのは当然だけど、だったら足りないところをお前が手伝ってくれたらダメなの?」


と、すっごい勢いで話しているのが寝室にも丸聞こえ。
ハンスは私をかばってくれるような言い方をしているけど、
でもハンスが怒っているのは私がクンミョヌリとして全然ダメなせい。
私がもっと韓国語もできて、クンミョヌリとして、ヒョンニムとしての
役割を果たしているんだったらハンスもストレスを受けることもないし、
トンソだってハンスに文句をいうこともない訳で、
争ってるのを聞きながら自分が情けないやら、悲しいやら、
いろいろな感情が混ざり合って、ずーっと涙が止まらなかった(;>_<;)


そして、2時間ほどで電話は終了。


もちろん私が至らなかったのも悪いけど、それでハンスが私に切れたり、
家の中で暴れたりしたことを簡単には許せないと思った。
でも電話が終わって寝室に入ってきて、

「ゴメンナサイ…。」

って落ち込むハンスを見て、仕方ないかな、、って思っちゃった。

なんか、ハンスって不器用なところがあるというか、
自分の中だけでいろいろ深く考えて行動するところがあるから、
その行動だけを見てもそんなに自分のことを考えてくれての行動だって
周りが気づかないことが多くて、それに傷つくことが多いんだよね。
今回も弟や弟嫁、家族のことをいろいろ考えての行動が仇になっちゃったりして。
私が分かってあげなかったら誰にも分かってもらえないんだろうなぁと思ったら、
なんかかわいそうになってきちゃったりして。

結局仲直りして、夕方からバンチャン作りに励みました。
ハンスは洗濯とか掃除とかしてくれて。

でも、12時になっても終わらなくて、次の日も朝早く起きてやることに。
料理って時間かかるんだよねぇ。。
泣きすぎて頭痛くて、料理するのがホントにつらかったし。。
ホント赤ちゃんにもよくないよね。。ごめんね。。

あと、ちょっと気まずかったけど、、
トンソにも一応電話して、さっきはごめんなさい、って謝り(日本人はすっと出てくるから楽だよね~)、
明日持ってくるバンチャンの分担についてちょっと話した。
ハンスにむちゃくちゃ言われてたのに、もうあんまり気にしていないようで、
やっぱり韓国人は強いなぁ。



ranking
↑もうこんな事件は起こらないで欲しいな・・・ポチッと押してねっ。
【 2006/07/08 】 日々のこと | TB(0) | CM(2)
韓国ミョヌリ
この日記を見て、色々と考えさせられました。
韓国って本当に独自の文化がある・・・
大人になってから、この国にやってきた外国人にとっては、
まさに理解不能・・・

こうしなきゃいけない、ってのが、完璧主義の国、日本より
多い気がする・・・

Satomiちゃん、すごくがんばってると思う。
韓国らしくない、ドライな関係のうちのナンピョンの
家族と集まっても、自分がその中で何をしていいのか
分からなかったりして、疎外感を感じてる時があるんだけど
Satomiちゃんの場合、韓国ミョヌリのそのままを求められる
中でよくやってる。
だって、私たちは日本人なんだよー。
決して、怖気づくことはない!

日本人って、弱気になりやすいけど、よくやってるから
堂々としていいと思う!

ストレスためないようにね!
【 2006/07/13 】 編集
bananaさん★
韓国の文化って本当に難しいと思う。。
日本人でも大変なのに、多分アメリカ人とかもっと大変じゃないのかなぁ。。
韓国人のお嫁さんでも苦労するのに、
外国人だったらもっと大変な思いをいっぱいしますよね。

bananaさんの旦那さんの家族はドライなんですか~。
いいなぁ。
でも私も家族の中ですることを見つけるのがすごく大変。。
あれこれ指示を出してくれれば楽なんだけど、
自分で考えて行動するのって難しいですよね。。
ただ突っ立っている時とかあって、むなしくなっちゃう時が。。
他の家族は(口だけかもしれないけど)よくやってるって言ってくれるけど、、
旦那がスパルタなため、もっとがんばらなきゃいけないみたい。。
そんな旦那を選んだのは私だし、、ストレスを貯めない様にがんばりますっ☆
【 2006/07/14 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ランキング

2つのランキングに参加してます。
1日1回ポチッと応援お願いします♪

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

プロフィール

Satomi

Author:Satomi
留学先のカナダで出会った韓国人のハンスと1年半の遠距離恋愛を経て結婚。韓国生活も8年目。まだまだ韓国文化・韓国人思考に悪戦苦闘してます。

濃厚な韓国の家族関係の中、9歳年上のスパルタな旦那と時々ケンカしながらも仲良く生活しています。2006年11月に長女ユリ、2009年4月に次女モモ、2012年8月に長男シンを出産。現在子育てに奮闘中です☆

コメント、メールのお返事がなかなかできなくてすみません。広告等のコメントが多いのでコメントは承認制にさせてもらってます。荒れそうなコメントはすみませんが承認しない場合もあります。

お友達リンク

ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: